院長ブログ

2011年11月17日 木曜日

保湿剤の適量!


昨日、クリニックで勉強会をしました。開院して初めてだったので、まずは保湿剤について。

皮膚科で患者さん指導をするうえで大切なポイントではありますが、

一度に両手いっぱいくらいの面積を保湿するのに必要な一量は、手の一横指分。

そして皮膚には、かろうじてティッシュが張り付く程度に、たっぷりと。

この具体的な量、意外に実行されていない方はいらっしゃいませんか?

あまりべとべとにするのも嫌かもしれませんが、「保湿してもすぐかさつく」と感じられる方は、
この量を改めて確認してみてくださいませ。



やじま皮膚科

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 やじま皮膚科 院長