院長ブログ

2012年12月11日 火曜日

赤ちゃんのお顔のかゆそうなぶつぶつ には

わが子にステロイドを塗って良いのか?
よく聞かれる質問です。

赤ちゃんの、とくにお顔にステロイドの治療をするとき気になるのは、
皮膚が薄くなる、血管が目立つようになるといった局所の副作用ですね。
色素沈着を気にされる方がいらっしゃいますが、
これはステロイドによるものではなく、
皮膚病変の炎症の蓄積によるものです。


赤ちゃんのお顔や体に時々みられる、ぷつぷつ赤くてかゆい丘疹は、
そのままにすると自分で引っかいたりこすったりして悪化するので、
ステロイドの入った外用剤が必要になってきます。

炎症に対してステロイド外用を開始すると、
わりとすぐに赤みがおさまってくるのですが、
この段階で治療を中止してしまうと、
あっけなく再燃し、再び同じ治療が必要になることがしばしばあります。

この繰り返しをしていると、副作用が心配になって来ると思います。


実は、おうちで外用するとき、
赤みだけでなく、「すべすべになるまで」を目安にする必要があります。
赤みが引いただけだと、血管が収縮して白く見えているだけで、
肝心の皮膚の中の炎症は治まっておらず、すぐにくりかえすのだそうです。


先日医師会の勉強会で、小児アレルギーの専門病院の先生が、
赤ちゃんに起こる湿疹の治療を、食物アレルギーと関連してお話ししてくださいました。

プロアクティブ療法(売れてるニキビ用化粧品ではありません!)といって、
きれいになった皮膚にも定期的にステロイドを塗るのだそうです。
定期的に塗ると言っても、良くなってくれば間欠的に、間隔を開けていくので、
ずっと漫然と塗り続けるわけではありません。

また、すべすべになるまでといっても、診察しながら、
皮膚の菲薄化のおこらない程度を見極めながら行います。


このように、すべすべになるまでを目安に外用したり、プロアクティブ療法をしたり、と
ステロイド外用を肯定する理由としては、
炎症を起こしている皮膚は、抗原に感作されやすい、
つまり、アレルギーになる状態を作り出しやすいので、
バリア機能の正常な皮膚にし、感作されにくい体にした方がよいという考えからです。

以前は、生後1年くらいまでの湿疹は、そのうち治るので、
ステロイドはいらないという考えもありました。

でもこの時期の湿疹のあるバリア機能の低下した皮膚のために、
アレルギーを発症する確率が高くなってしまうとしたら、
治療した方がいいということになりますよね?

さらに、食物アレルギーを考慮に入れた離乳食の進め方に関しても、
今データを蓄積して再考してるというお話でした。


赤ちゃんの皮膚炎に対する医療、指導内容は、変わってきているようです。


あなたはどう思われますか?
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 やじま皮膚科 院長 | 記事URL

2012年11月 6日 火曜日

秋の誘惑と乾燥肌の話

秋は私の一番好きな季節なのですが、湿度が低くなるとともに肌に吹きつける風は乾燥、食べ物はおいしく暴飲暴食気味。
気分とは裏腹にお肌のコンディションが突然崩れる季節でもあります。

空気の乾燥、胃腸不調、に今年は、皮膚科の勉強会で使うとされたiPadをとうとう手に入れ、これにデザリング機能を使うため、携帯をスマホにし、と一気に私生活でのIT化が進んだため、睡眠不足が加わりました。
40代のお肌は悲鳴を上げ、気がついた時には顔にフケのように浮いた皮膚が付着し、顔全体に表情筋に沿った細かいシワが張り付いて・・・。

もともとアトピー肌の私は普段からヘパリン類似物質(ヒルドイドソフト)や、親水軟膏、
化粧品としては保湿効果のうたわれているアミノ酸化粧水(プラスリストア アミノシナジー)、ヒアルロン酸とワセリン入り乳液(DRX パフェクトバリアー)などを使うことが多いのですが、
秋に入った時点で、カバー力のある保湿剤が足りなかった、と反省しました。
しばらく仕上げにプロぺト(ワセリンの精製品)を塗布、夜はラップで20分ほどパック、をしました。
角層がすべて入れ替わるのに、だいたい10日くらいかかるそうです。
今回はステロイド剤を使うほどではなかったので、保湿剤のみで対応しましたが、パック(皮膚科の軟膏処置でも使う方法です)の威力は絶大で、何とか1週間で落ち着きました。
乾燥のひどい方はお試しください。
でもまた気を抜くと粉吹きになります。皮膚は次々生まれ替わっていますので。

乾燥は、小じわだけでなく、湿疹やニキビの原因にもなります。
対症には、ちょうど良い保湿剤を選び、適量(これもポイント!)を使うことが大切です。
湿疹反応がある場合は適当なレベルのステロイド剤やタクロリスムスを使うこともあります。

顔以外に、腰や太もも、脛や上肢、肩なども乾燥しやすい部位ですが、
そんなにひどい状態でなければ、ローション剤や保湿の入浴剤(ドゥーエなど)だけでも使っておくと、
ほっておくよりはいいと思います。


自転車通勤中は気持ちよく顔に吹き付けるカラカラの風~。
秋の夜長、スマホでの文字入力に格闘しながら遊んでいるといつの間にか日付けが変わり~。
(iPadのほうは子供のお気に入りに。)
何とかこの過酷な状況で、保湿くらいはちゃんとして出てこようと誓ってみる今日この頃でした。



やじま皮膚科
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 やじま皮膚科 院長 | 記事URL

2012年9月26日 水曜日

上半身のプツプツー毛虫皮膚炎 

毛虫皮膚炎という病名、最近よく耳にしませんか?
毎年被害はありますが、
今年もさらにひどいようです。


一口に毛虫といっても、皮膚炎を起こす毛虫は限られているようで、
皮膚科に駆け込んでくるほどひどくなるのはたいていチャドクガ、ドクガです。

チャドクガはツバキやサザンカによくつきます。
ドクガはサクラやウメなど、いろいろな木につきます。
 毛虫についてはこちら↓
http://www.jataff.jp/konchu/kemushi/index.html




2週間ほど前、井の頭公園のアートマーケッツのあたり(池の北側)を通ったところ、
歩道のあちらこちらに黒い毛虫達がお散歩しているのを見ました。
20匹は下らなかったと思います。

公園のほうに問い合わせたところ、これはクロモンシャチホコという、
通常は触っても害のない毛虫とのことでした。


今の季節、被害がでるのは圧倒的にチャドクガです。

皮膚に刺さるごとにアレルギー反応を起こすので、
1本でも服の間に紛れ込んでしまうと、
そこから周囲一面にかゆくて赤いぷつぷつとなって発症します。

夜の電灯に集まる成虫や、
卵やさなぎにも毒性があるそうです。


触ってしまったらセロハンテープでペタペタとったり、流水で洗うとよい、とされますが、
気が付かないうちに発症してしまうことがほとんどです。

発疹の症状には個人差がありますが、
ひどいときはステロイドの内服が必要になります。


気持ちの良い気候なので、ゆっくりお散歩、
ということも多くなってくる季節かと思いますが、
お出かけの際は首回り、腕回り、少しきっちりして
お出かけされるといいかもしれませんね。

 

やじま皮膚科
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 やじま皮膚科 院長 | 記事URL

2012年9月12日 水曜日

イラク戦 万歳!


イラク戦、勝ちましたね!


 (写真は日本サッカー協会のホームページからのものです)

そもそも試合の駆け引きだったり作戦だったりというのは、
オフサイドさえ、え?という感じの私にはよくわかりませんが、
本田をはじめ、前田、岡崎、長友、などなど、
見慣れた顔ぶれの選手たちが活躍している姿を見られてよかった!
元気をいただきました。


日焼け・・・
診療中におすすめする機会は、限られた皮膚疾患の方のみで
(日焼けが治療になる皮膚疾患もあります。)
しみを気にする女性などには厳禁の領域ですが、
真っ黒に日焼けして走り回る選手たちは
なにはともあれ、すてきです。


やじま皮膚科
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 やじま皮膚科 院長 | 記事URL

2012年8月28日 火曜日

秋田駒ヶ岳 ー登山時の靴の履き方ー


お盆休みの間、秋田駒ケ岳に行ってきました。

日本一深い湖、田沢湖の近くです。






駐車場から八合目まではバスで行き、
そこからだいたい1時間半から2時間くらいのハイキングコースでした。


御岳山や高尾山もどっぷり森林浴ができて気持ちがいいですが、
雄大な山々を眼下に、高山植物に囲まれて、の登山は素晴らしかったです。




 

木道の隙間では、
イナゴがあちこちで産卵していました。








1時間半~2時間のコースとは言え、ごろごろした石や岩のある道。
特に下りで足に負担がかかります。

靴はかかとによせてはいた後、しっかり紐を結び
指先は動くゆとりを持たせておきます。
伸びている爪は切っておきましょう。
このとき深爪はしないでくださいね。

こうすると、指が圧迫されないので、血豆になったり腫れたりしにくくなります。



とはいえ、子供は結構大丈夫なようで、
いつも履いているマジックテープの靴のままで連れて行ったのですが、
跳んで歩いておりました。



やじま皮膚科




このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 やじま皮膚科 院長 | 記事URL